トップページ trending_flat 会社情報trending_flat技術情報trending_flat製品情報trending_flatネットワークtrending_flat品質と環境trending_flatサステナビリティtrending_flat採用情報trending_flat
× 閉じる

テクニカルFAQ電流検出用面実装低抵抗器

品名構成
Q1 KRLシリーズでは、長辺電極製品と短辺電極製品で品名はどのように違いますか? 直ぐに判別できますか?
A1 電極のある縦のサイズを品名の先頭2文字あるいは3文字で表しています。
長辺電極製品は、3216、2012、11050、短辺電極製品は、1632、1220、50110 のようになります。
Q2 KRLシリーズでサイズの後に、Eと Dの記号がありますが、どのような違いがありますか?
A2 このコードは電極タイプを表しており、Dタイプは下面電極、Eタイプはコノ字電極です。

Dタイプ:下面電極

Eタイプ:コノ字電極

Q3 梱包単位は品名で分かりますか? また、梱包単位はどうなっていますか?
A3 梱包に関しては、品名の最後にコードで表しており、判定できます。
梱包単位は製品シリーズや形状(サイズ)によっても異なりますので、カタログの各シリーズ品名構成と定格でご確認ください。
特性
Q1 KRLシリーズの長辺電極製品と短辺電極製品の特性上の大まかな違いは?
A1 長辺電極製品は電極が長く、放熱特性に優れているため、同じサイズでは、
下図のように定格電力が大きくなります。

長辺電極製品と短辺電極製品の違い

Q2 KRLシリーズには長辺2端子と4端子がありますが、この製品の違いは特性から見てどんなところでしょうか?
A2 4端子タイプは、電圧端子が分離されており、より精度良く電圧を測定可能です。また、ランドパターンも4端子タイプの方がシンプルにできます。
Q3 KRLシリーズには高耐熱品と低熱起電力品がありますが、選択するにあたってのポイントは何でしょうか?
A3 温度を高くできるという点で、高耐熱品が多くの用途で使われます。ただ、応用面から熱起電力(1mV以下)をより低くする必要がある場合は、低熱起電力品をご使用ください。
品質・信頼性
Q1 KRLシリーズは車載レベルの信頼性はありますか?
A1 車載用途の電子部品の規格であるAEC-Q200に準拠しておりますので、車に搭載される機器への使用は可能です。
Q2 KRLシリーズは耐硫化製品ですか?
A2 KRLシリーズは電極部にAgを使用していないため、硫化の問題はありません。
Q3 KRLシリーズのパルス限界電力特性はどうなりますでしょうか?
A3 長辺電極、短辺電極やサイズでパルス限界電力(シングルパルス)は異なります。
各製品での限界電力は下図のようになります。

各製品での限界電力図

上図に適用できる抵抗値は25mΩ未満です。
それ以外の抵抗値については、グラフの数値に係数をかけて限界電力を計算ください。

25mΩ未満 限界電力 =図1×100%
25mΩ以上、100mΩ以下 限界電力 =図1×50%
100mΩを超 限界電力 =図1×20%
*掲載データ参考データであり、仕様値、保証値ではありません。
*グラフの波線部は外挿推定値になります。

実装方法・梱包
Q1 KRLシリーズの推奨ランドパターンを知りたいのですが
A1 製品技術レポートに推奨ランドパターンが掲載されています。抵抗値が低い製品については、同一サイズでも ランドパターンが異なる場合がありますので、ご確認をお願いします。
Q2 半田ディップ法での実装は可能でしょうか?
A2 Eタイプでは、半田ディップ法での実装は可能で、260℃ 10秒です。 Dタイプでは、半田フィレッ トができないため、 (半田付けの)確認ができないため推奨しておりません。
Q3 半田付けによる抵抗値の変化はどれほどでしょうか?
A3 KRLシリーズの半田付けでの抵抗値変化は±0.5% が規格値です。
Q4 梱包用のテープは紙テープまたはエンボステープでしょうか?
A4 KRLシリーズはエンボステープを使用しています。詳細は製品技術レポートを参照ください。

INQUIRY
お問い合わせ

製品に関して、また資料請求、サンプル請求など
お気軽にお問い合わせください。